生理不順をダイアンで整えて受胎率をアップ

生理不順の原因はストレスによるホルモンの乱れや過激なダイエット、激しいスポーツ、不規則な生活などが主な原因になっていることが多いです。
また卵巣の病気が原因でそうなっている場合もあります。
生理不順だと卵子が成熟せず、そのまま排卵が起きない状態になっていることが少なくありません。
そのため、妊娠しにくい状態になってしまいます。生理だけあっても排卵していなければ妊娠することはできないからです。
排卵が正しくされているかどうかは基礎体温をつけてみるとわかります。
3か月間ほど基礎体温を測り続け、低温期と高温期が分かれていることが確認できれば排卵がきちんと行なわれていることになります。
お子さんを望む方はダイアンなどの低用量ピルを飲むことで生理不順を改善し、受胎しやすい状態につなげるのが良いでしょう。
低用量ピルのダイアンの画像
ダイアンはシプロテロンアセテートとエチニルエストラジオールをアジア人の体質にあわせて配合しているので、日本人でも飲みやすいのが特徴となっています。
ちなみにシプロテロンアセテートというのは黄体ホルモンのことです。
毎日服用していると排卵を抑制するので避妊できますし、万が一に排卵が起きたとしても黄体ホルモンが男性ホルモンの働きを抑制し、受精を阻止します。
また生理痛やPMSの改善、更年期障害の軽減などの効果も期待することができます。
ダイアンは低用量ピルの中でも副作用の少なさで好評となっているものです。
生理1日目から飲み始め、21錠入っているのでその分を毎日1錠ずつ飲み続けます。
それが終わったら7日間はお休み期間です。
ピルは避妊効果があるとはいえ、飲み忘れてしまった場合に妊娠したという方もいますので飲み忘れはしないように気をつけ、さらに妊娠を望んでいないならば避妊具も併用すると良いです。