生理不順を正すのはピルで簡単にできます

ピルの画像
生理不順は、ピルを使うことで簡単に正すことができます。
生理不順の原因には、いくつかありますが、ストレスや病気、過度の体重変動などがあります。
これらの影響によりホルモンバランスが乱れてしまい、正しい周期で生理が来なくなります。
生理をコントロールするためには、ホルモンバランスを整え、28日をひとつの周期とすることで、生理が一定になり、生理不順が解消されることにつながります。
生理不順で処方されるピルは、以前は中容量ピルでしたが現在は、低用量ピルへと変化していきます。
低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含む薬で、このホルモンの働きにより排卵が抑制され、避妊効果も得ることができます。
低用量ピルは、大きく分けて21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。
どちらも生理を28日周期にコントロールする効果が期待でき、21日間もしくは、28日間決まった時間に服用することで効果を得ることができます。
21錠タイプは、すべての錠剤にホルモンが含まれており、飲みきったら7日間薬を飲まない期間を作ります。28錠タイプは、21錠にホルモンが含まれおり、7錠は偽薬です。
低用量ピルも中用量ピルも避妊や生理不順解消を目的として作られており、違いはホルモンの含有量です。
中容量のほうがホルモンの含有量のが強く避妊の効果も高い反面、副作用も強く出ていたため、低用量ピルのほうが主流になりつつあります。
ピルの効果には、避妊だけでなく、生理不順を治療可能です。生理そのものをコントロールすることになるため、生理痛がひどい人の治療でも用いられます。
生理周期だけでなく、生理痛や出血量も安定し、生理前のPMSなどの症状も緩和されていきます。